海外でもTNR活動(猫の不妊手術後の耳カット)は近年、積極的に行われています。

日本と同様、避妊・去勢した目印に耳が切られていますが、国によって切り方や大きさが異なります。日本での切り方は、V字型の「さくら」のような形が主流ですが、海外ではどうなのでしょうか。今回は「耳カット」されている海外の猫たちを写真でご紹介します。

イタリア・ローマ

ローマ市内にある「トッレ・アルジェンティーナ広場(Largo di Torre Argentina)」です。遺跡全体が猫の保護地域になっています。遺跡の中には保護施設があり、その中でノラ猫や病気の猫の面倒を見て、譲渡も行っています。耳をぱっつんと横に切ったような形は、遠くから見ても分かりやすくするためです。

▲ローマ市内では、何カ所かでTNRをした猫に会うことが出来ました。

台湾

猴硐(ホウトン)にある「猫村」は村全体が猫の保護地域になっています。昔、炭鉱があった古い町ですが、現在は猫に会いに来る観光客で賑わいます。村の広い範囲で暮らしているためか、遠くからでも手術済みが分かるように大きめに切られています。左右違う場所なのは、オスメスの区別かと思われます。

▲オス猫かも!

▲メス猫さん?

 

スポンサーリンク

トルコ・イスタンブール

トルコでは、日本と同様にV字型に切られていました。切られている箇所はとても小さく、よく見ないとわかりません。宗教上、猫を可愛がる人が多いので、少し控えめに切っているのかもしれません。外で暮らす猫の数は世界でもトップクラスに多いのですが、手術を施されている猫は住宅地で暮らす一部の猫のようです。

▲人に慣れている猫が多く、すぐ傍で見ることができます。

シンガポール

HDRという団地街に地域猫が暮らしています。敷地内で住民たちが給餌をしているようです。耳カットは真横に切るタイプが多いです。

 

▼シンガポールは多民族国家です。団地の掲示板には猫の餌やりに関する注意書きが、英語・中国語・インドネシア語で書かれていました。主な記載事項は以下のとおりです。

・フードは床に直接置かない。お皿か新聞の上に置く
・常に残り物を片付け、フードを残さない
・給仕は交通量の多い場所を避ける
・窓の外から食べ物を捨てないで

ハワイ・オアフ島

意外と野良猫が多いハワイ。ボランティアによりお世話をされている猫たちがいます。私が見た公園でも、小さめにV字型の耳カットをされている猫がいました。切り口は、写真に撮ってから見ないと分からない程度の大きさです。

 

マルタ島(マルタ共和国)

猫が多いことで有名なヨーロッパの島国・マルタ島。家の中で飼われている猫がほとんどのようです。しかし野良猫も多いため、個人で外猫の世話をしている有名なおじさんやおばさんがいます。耳の上部を切る方法ではなく、横側が小さく切られています。猫らしい耳の形を守る方法なのかもしれません。

クロアチア

城壁が有名なドブロブニクの猫たちです。こちらも一部の猫には耳カットがされていました。

 

みけみけ
国によっては日本よりも保護活動が盛んだったりするそうだよ。動物を大切にしてくれることは嬉しいニャ。みけみけもTNR仲間だから応援してるよ!
▲TNRについて、もっと詳しく!

 


元・保護猫と世界一幸せに暮らす方法

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事