トルコ・イスタンブールの猫さん、99匹目は黒白猫さんです。

新市街のとある路地を歩いているときに見かけたBARのような、カフェ。昼間はやっていないようですが、入り口に猫がいたので立ち止まりました。

すると、「にゃーー」と頭上の方から声が聞こえ、2階の窓から黒白猫さんが降りてきました。

あまりに大胆に降りてきたのでびっくり。

だ・・・だれ?間違えた・・・」みたいな顔で見つめられました。

でも、そのまま目の前まで降りてきて、「にゃーにゃーにゃー」と叫びまくり!!

向かって左の耳がカットされている地域猫さんです。まわりにもたくさんの猫がいるので、みんなここで飼われているんでしょうね。

すぐに近寄ってきて、足元でゴロゴロしたり「撫でて!遊んで!」と催促されたりと大変でした。今思うと、イスタンブールで出会った中で、一番フレンドリーな子だったかもしれません。

可愛がられている子は、どんなポーズが喜ばれるかよく知っていますね!たくさんお腹を出してアピールしていました。

この日は、このあと空港に移動しなければいけなかったので、滞在時間の余裕がありませんでした。最後の日にこんなかわいい子に出会えるなんて!!せっかくなので、少しだけ遊んでいくことに。

落ちていた枝を振ってみます。

枝を振っているだけなのですが、頬の部分をふくらませて大興奮!角度によって瞳の色がグリーン色になって素敵です。

こんなに期待通りの動きをしてくれると、飼っている方も楽しいでしょうね。

途中、「ここのお店の人や近所の人が来るかなー?」と思っていたのですが、全く人通りもなく、私と猫だけの時間が過ぎていきました。

ちなみにすぐ横には、こんな毛のモフモフさんや、

ただ横になったまま、黒白猫さんが遊んでいるのを静かに見ている子、

ちょっと離れたところで座っている三毛猫さんなどがいました。

きっとBARの準備の時間には、どなたか来るので待っているんでしょうね。

とりあえず、私は帰国しなくては・・・。

こんな甘えたポーズでいる子と別れるのは辛いですね。

最後に、しっぽの色が2色になっているのに気づきました。この特徴を覚えておけば、次回来たときも会えるかも!!もしこの子を見かけた方がいましたら、遊んであげてくださいね。


ベストセラー猫壱 脚付フードボウル

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事