重度の腎不全の猫・みけみけが水をよく飲むようになった自動給水機

慢性腎不全になった愛猫みけみけ

みけみけ(推定10歳)が重度の慢性腎不全(腎臓病)になりました。一般的に、シニア期にあたる7歳以上の猫に多くみられるようになる腎不全。腎臓機能に障害が起こると、もう治療することはできないため、悪化させないケアが必要になります。

 

みけみけの症状は、水をたくさん飲むようになり、体重が減ったことです。今は腎臓用のフードを食べたり、数日に1回の点滴をしながら、体重を維持していています。


▲三毛猫のみけみけです。4.2キロあった体重が、一時2.8キロまで減少・・・。幸い元気はあるので自覚症状はなさそう。現在は3.4キロをキープ中です。

いつもの場所から水を飲まない・・・(;;)

軽度の腎不全になった頃から、水を多く飲むようになったのですが、ある時から、いつもの器から飲まなくなりました。なぜか、台所やお風呂場(家の水場)の残り水だけを飲みに行くのです。もちろん、毎日取り換えて綺麗にしているお水なのですが、どうして飲まなくなったのか謎です。陶器の器、プラスチック、アルミ、コップなどなど、いろいろな器を試してみましたが、そこからは飲まない・・・。もしかして動いている(こぼれている)感じの水がいいのかな?と思い、初めて自動給水機を使ってみることになりました。

スポンサーリンク

初めてのペット用自動給水機!


うちのこエレクトリックという日本の会社の「アクアメビウス」水飲み器です。かなり気に入ったので、今回はこちらをご紹介します。


▲こちらが外箱。犬猫兼用なので、裏側はワンちゃん(ミニチュアピンシャー)の写真になっています。説明や、付属の取り扱い説明書も日本語です。

 

▲白色が素敵です。今売られている給水機の中ではかなりお洒落かと思います。ペット用には見えなくて、どのご家庭のインテリアにも合いそうです。コードは細めでやわらかいので、あまり目立ちませんし、ペットの噛み契り対策もされています。手前の窓からは、水の分量を見ることが出来ます。

 


▲上部の水の受け皿も、ツルツルした素材で、プラスチック感がありません。少しづつ流れていき、手前のお皿に少しづつ水が溜まります。連続で出しっぱなしや、2分おきに水を出すなど、設定が変えられます。水が傾斜を流れていくところがきれいで、見ていると少し癒されます。

 

▲受け皿をはずすと、活性炭フィルターがあります。1カ月使用して、手前が少し黄色くなりました。こちらは時期を見て交換する形になります。埃やゴミを取り除いてくれるので、いつも綺麗なお水が循環します。

 

▲内側の透明ケース(内部タンク)は取り外し可能です。これをはずして台所に持って行き、水を足しています。水洗いするのも簡単。うちは3匹の猫が使っていますが、たっぷり入れた状態で、大体3日ほど持ちます。

水を飲むようになった!!!

届いてすぐに、水を飲んでくれたみけみけ。やはり動いているお水が良かったみたい。購入から2か月経ちますが、もうここでしか飲みません。他の2匹の猫もすっかりお気に入りです。たくさん水分補給をしてくれて、本当に嬉しいです。早く買えば良かった・・・。

アクアメビウスのおすすめな点!

・見た目がスタイリッシュ!
・設置も数分で終わって簡単!
・機械音は全くしない(耳を近づけてみましたが、ほぼ0に近い超静音です)
・水の音が静か(あまりぴちゃぴちゃいう時は、上のフタがずれている時などで、その他の時はほとんど水の音はしません。)
・連続モード、断続モード(2分おき)で変えられる。
・電気代は月50円程度と安い。
・2Lのお水が入るので数日は大丈夫!

その他の情報

・フィルターは約1カ月で交換が目安(うちは2か月使ってますが、まだほぼ汚れてませんので、ご家庭によって差があるかも)
・ヨーロッパ連合(EU)が定めた6種類の有害化学物質を含まない原材料を使用

お値段以上かも!

美味しそうに水を飲んでくれますので、普段あまり水を飲んでくれない猫さん、小型のワンコにもおすすめです。水分補給はとても大事なので、ぜひ一度試していただきたいです。その上、機能や外観からすると、もっと高い機械に見えますので満足度はお値段以上かと思います。とにかくおすすめです!


▲ほかの猫たちも、ここからしか水を飲まなくなりました・・・。

 

【すべての自動給水機をお使いの方への注意】電気で動いているので、万が一、停電や故障などあると止まってしまいます。長い時間、家を空ける時は、念のために別にも水を置いておいてくださいね!


スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事