愛媛県・青島の猫たち①

愛媛県、長浜港からフェリーで約30分ほどの場所にある、離島「青島

観光地ではなく、民家しかない場所ですが、平日でも数十人の人たちがこの島を訪れます。

来島者の目当ては、たくさんの猫たち。ここは島民が15人に対し、猫が100~150匹ほどいると言われている場所なのです。

つい数年前までは、このフェリーは島民の足、物資の運搬のために使われていただけですが、雑誌やインターネットで「猫の島」と紹介されたことをきっかけに、今では全国各地、さらにはアジアの観光客までがわざわざこの島を訪れるそうです。

私もはじめてこの島を訪れました。

1日2便しかない船のうち、早朝の便に乗りました。平日にもかかわらず、20人ほどの方が乗船されていたと思います。愛媛県の中心地(松山)から、アクセスがしやすいとは言えない場所なので、たくさんの方に驚きました。土日になるとフェリーに乗れない人も出てくるとのことです。

青島

島民15人の、とてものどかな島です。

 

青島

青く透き通る、瀬戸内海の美しい海

 

フェリーが到着すると、船着場にはたくさんの猫がお出迎えをしてくれます。

この島の猫たちが増えだしたのは、観光客が訪れるようになった、ここ数年だそうです。

理由は「餌をもらえるようになったから」。

観光客からもらう餌が、猫たちの大事な食料です。さすがに15人の島民(ほとんどが老人)の方々が、すべての猫たちの食料を準備できるはずがありません。

この日は、雨が数日続いたあとの天気の日。

雨の間は、観光客があまり訪れず、ご飯が十分に食べられていないため、何かもらえないかと心待ちにしているのです。

青島

いたるところにいる、たくさんの猫たち

 

特別に、船員の方が、キャットフードを少しだけまくことになりました。

一粒でももらえるよう、走りだす猫たち。

青島

突然、一斉に走りだす猫たち

 

青島

この写真でも30匹はいるでしょうか・・・

 

島を汚さないため、観光客は決められた場所以外で、ご飯をあげてはいけないことになっています。

観光客がご飯を与えてもよい「えさ場」に向かう猫たちです。

この細い道は、船着場と「えさ場」をつなぐ道。

青島

観光客が餌を与えて良い場所は、神社の前にあります。

 

青島

少し立ち止まると、猫たちの視線が集まります。

 

島では、都会とは違う環境の中で暮らす猫たちの姿を、たくさん見ることが出来ます。

猫たちの様子は、また次回続きをお届けします。


スマートフォン用の大きな画像が取り放題!

猫の大きな画像は「ニャンと猫ねこ」から、ダウンロードすることが出来ます。海外の猫さんもたくさん!無料のサンプルがありますので、ぜひ一度アクセスして見てみてくださいね。

screenshot_2016-09-18-16-24-37

スマートフォンでアクセス♪

http://sp.nyanneko.jp/


関連記事

コメントは利用できません。

お得なキャットフード♪

おすすめ記事

Instagram @officek0

ページ上部へ戻る