日本には、猫と入居できる賃貸物件が少ない・・・

猫を飼ってから長いこと経ちますが、引っ越しの度に思うのが「猫と入居できる物件が少ない」ということ。ワンちゃんを飼っている方も同じことを感じてらっしゃると思います。猫の場合、猫の種類によってさほど差があるわけでもなく、大きく家屋を傷つけることは無いため、それほど問題ないと思うのですが・・・。

もちろん、増やしてしまい「多頭飼い崩壊」みたいな状態になるのは、貸主としては怖いと思います。契約時に避妊去勢の確認・頭数の制限・退去時の修繕費の請求などの取り決め設ければいいのでは?と考えてしまいます。そうすれば将来的にもっと借りられる物件が増えるのではないでしょうか。ちなみにうちが借りている賃貸物件は「猫3匹まで」という物件なので、とても助かっています。

福岡市城南区に猫のシェアハウスが登場!

福岡市に「Q terrace」という猫のシェアハウスが誕生したそうです。築56年の空き家を改装したそうで、入居決定後にキャットタワーを設置してくれたりと猫が住みやすい住環境を作ってくれるそうです。一人暮らしで猫を飼われている方には、とてもおすすめ!同じ猫好きの住人と情報を共有することで、長時間の不在があっても、完全に一人暮らしのときに比べて、だいぶ安心できるはずです。

これから、古い空き家物件が増え、さらに一人暮らしが増え、高齢化が進む日本。こうやって身内以外の人と協力できるような場所が増えると、とてもいいですよね。

空き室が出ることがありますので、こまめにチェックしてみてください!

スポンサーリンク

「Q terrace」概要

所在地   :福岡県福岡市城南区(以下、非公開)

アクセス  :西鉄バス「別府四丁目」から徒歩4分

入居開始日 :2019年2月24日

賃料    :23,000円~45,000円

管理費   :12,500円

(水光熱費・Wi-Fi利用料・火災保険料込)

初期費用  :敷金1ヶ月分、礼金1ヶ月分(猫連れ入居のみ)、契約手数料10,800円

個室    :9室(1室1名+猫まで)

申し込み方法:公式サイト( https://www.f-renobase.com/qterrace )よりお申し込みください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事